雷滝(かみなりたき)Map


 松川本流が雷鳴のように轟音を立てて落下しているので「雷滝」といい、滝の裏側を通り見れることから別名「裏見の滝」とも言う。
 この奥142mにあり、落差約30m川幅29m、左の岸壁の高さは約40mある。
 この滝は、珪化されて硬くなった凝灰角礫岩で松川の侵食によってできたものである。滝口は流路の変化にとって変わっており、侵食されていく様子を見ることができる。(案内板転記)